LINEで送る
Pocket

中古車を購入するときは、事前に知っておきたいポイントがいくつかあります。

このポイントを押さえることで、お買い得なクルマを見つけられるかもしれません。

ここでは、価値あるクルマ、お買い得なクルマを購入するときなどに知っておきたいポイントをメモしておきます。

中古車の店頭展示イメージ(その1)

 

中古車購入で知っておきたいポイント

モデルチェンジのタイミングを狙う

クルマのモデルチェンジは、中古車市場への影響も大きいものです。

あるクルマがモデルチェンジすることで、新型車への乗り換えが進み、旧型となったクルマが中古車市場に多く流れ込んできます。

中古車市場での流通台数が増えることで、そのクルマは選びやすくなり、また相場も下がる可能性も出てきます。

モデルチェンジのタイミングは、中古車購入には、絶好のタイミングといえます。

人気車は相場も高め

中古車の価格は相場の影響を受けやすいものです。

どういうことかというと、特定の中古車に人気が集中することで、そのクルマの価格は高止まりし、相場も上昇傾向が続くのが一般的です。

反面、人気の少ないクルマは売れにくいもの。中古車を取り扱う会社としては、売れ残っていると維持費がかさむため、価格も抑えめにする傾向があります。

結果、人気の少ないクルマの価格は意外とお手ごろな場合が多いものです。

とはいえ、自分があまり好きになれないクルマは購入しなくないのも事実です。

そこは、自分が乗りたいクルマと人気度とのマッチング、どこに妥協点を置くかを検討しておいた方がよいでしょう。

クルマの乗り方をイメージ

自分がそのクルマをどう乗りたいかをイメージすることはとても大切なことです。

たとえば、おもに通勤に使うとか、レジャーに使うとか、週末の買い物に使うとか、クルマの使い方は人それぞれです。

また、今回の購入は、2,3年くらいの短期間の使用を想定しているのか、5年以上の長期の使用を想定しているのかもイメージした方が良いと思います。

かりに、2,3年後に別なクルマへの乗り換えをイメージしているのなら、リセールバリュー(再販価値)の高いクルマが良いかもしれません。

乗り換えのときも高値で売却でき、別なクルマの購入資金の一部としてまかなえるからです。

ただ、リセールバリューの高いクルマは、購入価格も少し高めの可能性もあるので、そこのバランスは難しいかもしれません。

中古車の店頭展示イメージ(その2)

 

ポイントを押さえてクルマをチェック

中古車購入を検討しているならば、上記のポイントを押さえておいた方がよいのですが、実際に自分でチェックするのはとても面倒です。

そんなときは、中古車販売店に聞いてみれば良いんです。

中古車販売店は、流通市場をシッカリとチェックし、さまざまなデータから、人気度や流通量、価格の予想を立てているはずです。

ならば、中古車販売のプロに聞いたほうが確度の高い情報が得られるのではないでしょうか。

たとえば、中古車販売のガリバーには「中古車ご提案サービス」という、希望のクルマを探してくれる便利なサービスがあります。

このサービスを利用して、欲しいクルマの買いどきを聞いてみるのもアリだと思います。

わたしも、娘のクルマをガリバーから購入するときには中古車ご提案サービスを利用しました。いろいろと相談に乗ってくれる満足度の高いサービスです。

ちなみに、欲しいクルマが漠然としていても大丈夫です。ガリバーのスタッフがヒアリングしながらおススメのクルマを提案してくれますよ。

 

++++++++++

 

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、無料で利用できます。

申し込み後(営業時間内であれば)スグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマの買いどきをチェックしてみてください。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket