LINEで送る
Pocket

中古車のガリバーの輸入車専門店「LIBERALA(リベラーラ)」が ガリバー創業の地、福島県郡山市にオープンしました。

リベラーラ 19番目の店舗、東北では初のリベラーラ店舗です。

ここでは、LIBERALA(リベラーラ)のコンセプトやサービスなどについてメモしておきます。

ガリバー リベラーラ 郡山店LIBERALA(リベラーラ)郡山店

 

LIBERALA(リベラーラ)とは

「LIBERALA(リベラーラ)」は、ガリバーが手掛ける輸入車専門店。

輸入車選びについて、ガリバーが見つめ直し、あらたなコンセプトで展開する輸入車専門店です。

リベラーラでは、以下のコンセプトで店舗展開しています。

LIBERALAは、輸入車選びのすべてを見つめ直し、新たなスタイルを提案するインポート・セレクト・ブランドです。これまでの憧れだけや批評家の意見といったイメージで選ぶのではなく、オーナー様となる方がクルマから直接感じるリアルな感性を第一にした、最良の一台との出会いをコーディネートいたします。LIBERALAには、本物の感動を呼ぶ The newest, best experience(最も新しく、最良となる体験) が待っています。

「クルマから直接感じるリアルな感性」や「出会いをコーディネート」、「最も新しく、最良となる体験」など、輸入車に対する憧れの気持ちがくすぐられそうですね。

 

LIBERALA(リベラーラ)のサービス

リベラーラで提供しているサービスをメモ。

クオリティの高い在庫車両

リベラーラの在庫車両は、全国のリベラーラ店舗やガリバーグループ各店舗で、エンドユーザーから直接買取したクルマのなかから、品質の高いクルマだけを厳選しています。

中古車オークションからの仕入れたクルマとはクオリティが違うそうです。

修復歴ゼロ

リベラーラで扱うクルマは「修復歴ゼロ」。

ガリバーの店舗と同じように、修復歴のあるクルマは扱っていません。

ちなみに、修復歴のあるクルマとは、交通事故や災害により車体の骨格部位を損傷し、そこを修理・交換したクルマのことです。

修復歴のあるクルマは、安く購入できますが、走行時のトラブルの恐れもあるので、リベラーラやガリバーではおすすめしていないそうです。

返品サービス

リベラーラで購入したクルマは、納車後30日以内なら返品可能です。

返品時の手数料が車両本体価格の10%かかり、車両のチェックや、その他返品条件等もありますが、実際に乗ってみてちょっと違うと感じたときでも返品できるのはウレシイですね。

アフターサービス

故障や消耗品の交換など、トラブルがあったときでも対応してもらえます。(有償です)

法定点検や整備などをパックにした「メンテナンスパック」のほか、タイヤパンクや窓ガラス損害、キーシリンダー損害に対応してもらえる「スマート保証」など、アフターサービスをシッカリしているようです。

輸入車だけに、アフターをサポートしてもらえるのは安心です。

多彩な支払プラン

リベラーラでは、通常のオートローン(最長96回払い)のほかにも、3年間乗る分だけの支払いで 3年後の買取金額を保証してくれる「買取保証型プラン」など、様々な支払プランがあるようです。

全国納車

リベラーラの店舗が近くになくても、リベラーラで扱っているクルマをチェックすることができます。

最寄りのガリバーグループ店舗からでも、気になるクルマも、こだわりのクルマも、チェックすることもできますし、近隣のガリバー店舗に納車することもできます。

 

++++++++++

 

輸入車は高い!というイメージがありますが、新車にくらべれば、かなり安い価格です。

もちろん、高級な価格帯のクルマはそれなりの価格ですが、リベラーラで扱っているクルマは、購入しやすい価格帯のクルマも含め、すべてクオリティの高いクルマばかり。

輸入車は手の届かないクルマではなくなったのかもしれませんね。

こんど、リベラーラに見学に行って、輸入車をチェックしてみようと思います。(買う予定はないけど)

なお、近くにリベラーラがなくても、ガリバーの中古車ご提案サービスを利用すれば、一般公開されない「入荷待ち車両」を先行して教えてもらえるとか。

ちなみに、中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、無料で利用できます。

申し込み後、営業時間内であればスグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えるだけ。どんなクルマがいいのか分からなくても相談に乗ってくれる満足度の高いサービスです。

 

⇒ 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket