LINEで送る
Pocket

前回の記事『オデッセイ「リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)」操作メモ(DBA-RB1/2)』で、基本的な操作とリモコンに表示される液晶マークの説明を紹介しましたが、そういえば我が家のオデッセイでは、「リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)」の電池交換をいつやったのか記憶にありません。(我が家に来て、もうすぐ8年になりますが)

正直いって、電池交換自体やったのかも記憶にないくらいです。

そこで、今回は「リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)」電池交換の手順について紹介します。

取扱説明書通りにやっても、すんなりできなかったので、その詳細をメモしておきます。

リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)

 

バッテリーカバーのロックが外せばOKなんだけど・・・

「リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)」の取扱説明書では、最初に「バッテリーカバーのロックを解除します」と記載しています。
絵での説明もあるのですが、どうやってロックを解除すればよいのかイメージできません。

リモコン・エンジン・スターター(RS-06J)の取扱説明書

スライドしてロックを解除するようなのですが、指でスライドさせようとしても、全然動かず・・・。

指では動きません!

そこで、マイナスドライバーの登場です。

説明書の絵を参考に、マイナスドライバーを、バッテリーカバーロックのスキマに入れてスライドしてみると・・・

マイナスドライバーをスキマに入れてスライドマイナスドライバーをスキマに入れてスライドさせます。

見事にスライドできました!

見事にスライド!見事にスライド!

指ではムリですよね。だってマイナスドライバーでやっとスライドできたわけですから。

スライドさせてロックを解除すると、バッテリーカバーを簡単に取り外すことができました。

バッテリーカバーを取り外したところバッテリーカバーを取り外したところ

説明書には、スライドしてロックを解除するような記載だけでしたので、簡単にスライドできるものとイメージしていたのですが、チョット工夫が必要でした(^_^;)

ちなみに、バッテリーカバーはこんな感じになっていました。ロックとカバーは一体化していて、ほんとうにスライドするだけでロックが解除されました。フタを開けてみたら・・・ですね(^_^;)

バッテリーカバーバッテリーカバー

 

++++++++++

 

おそらく、我が家で、リモコンエンジンスターターのバッテリーカバーを外したのは初めてだと思います。
そのくらい、取り外しに悩んでしまいました(^_^;)

ちなみに、我が家のオデッセイについている「リモコンエンジンスターター」の型番は「RS-06J」です。同じように、バッテリーカバーの取り外しに悩まれているユーザーさんの参考になれば幸いです。

 

LINEで送る
Pocket