LINEで送る
Pocket

オデッセイのメーターの「KEY BATT」の点滅は、Hondaスマートキー(キーレスエントリー)の電池残量が少なくなっていることを意味しています。電池交換のサインです。

「KEY BATT」が点滅!「KEY BATT」が点滅!

我が家のオデッセイは8年目を迎えますが、これで2回目の電池交換になります。1回目の警告のときは、何のことかわからず、マニュアル(取扱説明書)を見ても、どこに説明が書いてあるのか分からず、販売店に電話して教えてもらい、電池交換しました。かれこれ4年目のことだったと思います。

4年に1度くらいに表示される警告なので、スッカリ忘れて思い出すのに時間がかかってしまいましたが、同じようなことで困っているユーザーさんと自分のために、電池交換の手順をメモしておきます。

 

1.Hondaスマートキーから内蔵キーを取り出す

Hondaスマートキーには、ふつうのキーが内蔵されています。

HondaスマートキーHondaスマートキー

Hondaスマートキーのお尻にあるレバーを引きながら内蔵キーを取り出します。

レバーを矢印方向に引きながら内蔵キーを取り出しますレバーを矢印方向に引きながら内蔵キーを取り出します

こんな感じで取り出しますこんな感じで取り出します

 

2.Hondaスマートキーのカバーを外す

コイン等で、Hondaスマートキーのカバーを取り外します。

コイン等でカバーを取り外しますコイン等でカバーを取り外します

このとき、カバーにキズをつけないように注意してください。写真では、100円硬貨をそのまま当ててカバーを開けていますが、取扱説明書には「コイン等に布を巻いてカバーを外し・・・」と記載されています。

 

3.電池交換

使用電池は「ボタン電池CR2032」です。値段は200円くらい。スーパーやコンビニでも買えると思います。

Hondaスマートキーはボタン電池ですHondaスマートキーはボタン電池です

 

4.エンジン始動

Hondaスマートキーのカバーをして、オデッセイのエンジンをオンします。
「KEY BATT」の警告表示は、みごとに消えました。

「KEY BATT」の警告表示は消えました「KEY BATT」の警告表示は消えました

 

++++++++++

 

そのままにして電池切れになると、エンジンスイッチ操作で一発始動できなくなり面倒な手順でエンジンをかけるようなことが取扱説明書に記載されています。「KEY BATT」の点滅が表示されたら早めの電池交換をおススメします。

我が家のオデッセイ、Hondaスマートキーの電池交換は 4年に1度のことなので、「KEY BATT」が点滅すると、一瞬「あれっ!なんだっけ?」とプチパニックになってしまいます。さらには、どこに内蔵されている電池を交換して良いのかも、スグには思い出せない・・・。

この記事が、「あれっ!なんだっけ?」と考えられているユーザーさんの参考になれば幸いです。

 

LINEで送る
Pocket