LINEで送る
Pocket

2016年度(2016年4月から2017年3月)新車乗用車販売台数ランキングが公開されました。

2016年度にもっとも売れた乗用車の新車は「プリウス」。やっぱり・・・って感じです。

2016年2月にハイブリッド車をデビューさせたオデッセイのランキングは?

ここでは、2016年度新車乗用車の販売ランキング(トップ30)から、買いどきの中古車を予想してみます。

販売ランキングのイメージ

 

新車乗用車販売台数ランキング(2016年度)

まず、2016年度(2016年4月から2017年3月)新車乗用車販売台数ランキングを見てみます。

順位 車種名 メーカー 台数 前年比
1 プリウス トヨタ 225,066 144.3
2 アクア トヨタ 155,566 80.9
3 シエンタ トヨタ 127,392 140.8
4 ノート 日産 123,938 129.9
5 フィット ホンダ 98,923 88.3
6 ヴォクシー トヨタ 92,421 99.9
7 セレナ 日産 90,369 150.5
8 カローラ トヨタ 81,391 75.1
9 ヴィッツ トヨタ 78,634 105.5
10 フリード ホンダ 75,384 201.1
11 パッソ トヨタ 74,707 177.1
12 ヴェゼル ホンダ 73,583 106.6
13 ノア トヨタ 55,061 109.2
14 ヴェルファイア トヨタ 53,799 102.3
15 デミオ マツダ 53,321 80.6
16 エクストレイル 日産 52,948 84.7
17 インプレッサ スバル 52,756 127.0
18 ハリアー トヨタ 48,366 93.4
19 ステップワゴン ホンダ 48,110 75.6
20 ソリオ スズキ 47,795 116.9
21 エスクァイア トヨタ 44,136 79.1
22 C-HR トヨタ 43,600 (28-12)
23 アルファード トヨタ 39,243 88.2
24 シャトル ホンダ 38,367 79.6
25 クラウン トヨタ 36,483 82.4
26 ルーミー トヨタ 30,058 (28-11)
27 アクセラ マツダ 28,770 122.6
28 オデッセイ ホンダ 28,584 155.3
29 タンク トヨタ 27,537 (28-11)
30 CX-5 マツダ 27,193 102.4

※ランキングデータは「日本自動車販売協会連合会」より。
※前年比の()内は発売年-月。

販売台数を見ると、ランキング1位のプリウスのダントツぶりが分かります。

オデッセイのランキングは第28位。

マニアが多いといわれるオデッセイとしては、かなり健闘したと思います。

 

ランキングを 別な角度で見てみる

新車乗用車販売台数ランキングを、別な角度から見てみます。

メーカー別ランキング

新車乗用車販売台数ランキング トップ30 に掲載されている販売台数をメーカー別に合計してみます。

順位 メーカー 台数
1 トヨタ 1,213,460
2 ホンダ 362,951
3 日産 267,255
4 マツダ 109,284
5 スバル 52,756
6 スズキ 47,795

トヨタのダントツは、言わずもがなですが、ホンダが第2位と健闘しています。

前年比のランキング

新車乗用車販売台数ランキング トップ30 を、前年比の大きい順で見てみます。

前年度から販売台数を伸ばしたクルマ(前年比 100%超)は次のようになります。

順位 車種名 メーカー 台数 前年比
10 フリード ホンダ 75,384 201.1
11 パッソ トヨタ 74,707 177.1
28 オデッセイ ホンダ 28,584 155.3
7 セレナ 日産 90,369 150.5
1 プリウス トヨタ 225,066 144.3
3 シエンタ トヨタ 127,392 140.8
4 ノート 日産 123,938 129.9
17 インプレッサ スバル 52,756 127.0
27 アクセラ マツダ 28,770 122.6
20 ソリオ スズキ 47,795 116.9
13 ノア トヨタ 55,061 109.2
12 ヴェゼル ホンダ 73,583 106.6
9 ヴィッツ トヨタ 78,634 105.5
30 CX-5 マツダ 27,193 102.4
14 ヴェルファイア トヨタ 53,799 102.3

※順位は販売台数順位。
※2016年に発売されたクルマを除く。

前年比で見ると、オデッセイは 前年比 155.3%で 第3位。

前年より、大きく販売台数を伸ばしており、オデッセイ ハイブリッドが多くのユーザーに受け入れられたことが裏付けられた結果です。

上位にランクインしているクルマは、そのほとんどがモデルチェンジなどで新型車を投入したクルマです。

前年比が大きいクルマほど、モデルチェンジがユーザーに受け入れられているかの指標にもなると思います。

 

前年比が大きいクルマは中古車市場の流通量も多い

前年比が大きいクルマは、旧型車から新型車へ乗り替えも進んだことも予想されます。

ということは、中古車市場の在庫量も増えていることになります。

事実、プリウスは、新型車への乗り換えなども含め、とにかく中古車市場での流通量がハンパない状態です。

中古車の価格相場は、「需要と供給」の関係が大きく起因します。

流通量が多くなれば、価格も下がり、お買い得なクルマも多くなります。

結論としては、新車販売台数ランキングで前年比が大きいクルマは、中古車としてもお買い得感のあるクルマ、つまりは買いどきのクルマといえるのではないでしょうか。

 

++++++++++

 

4月からの新生活でクルマの購入を「最初は中古車から」と検討している人には、知識の豊富なスタッフがいる中古車販売店をおススメします。

とくに、中古車販売の大手ガリバーには「中古車ご提案サービス」という、希望のクルマを探してくれる便利なサービスがあります。

どれを選んでいいのか分からなくても、中古車ご提案サービスを利用することで、お買い得感のあるクルマや自分に合ったクルマを提案してもらえます。

わたしも、娘のクルマをガリバーから購入するときには中古車ご提案サービスを利用しました。いろいろと相談に乗ってくれる満足度の高いサービスです。

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、申し込み後スグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えておくだけ。もちろん無料で利用できる、おススメのサービスです。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket