LINEで送る
Pocket

中古車販売のガリバーが、日本郵便の子会社「株式会社郵便局物販サービス」と、中古車販売での業務提携を発表しました!

ガリバーの全国約480店舗の販売ネットワークと全国約24,000の郵便局の拠点の融合により、これまでカーサービスが行き届いていなかった地域までカバーできるようになるそうです。

中古車のガリバー

 

サービス概要

ガリバーの店舗数は上述のとおり、全国約480店舗所在しています。

最寄りにガリバー店舗があれば、愛車売却のときも気軽に依頼できますし、クルマを購入するときも、ガリバー独自の画像販売システム「ドルフィネット」で全国のガリバーグループ店舗で在庫しているクルマから欲しいクルマを全国均一価格で購入することができます。

今回の業務提携により、全国津々浦々まで展開されている郵便局の拠点を利用することで、これまで、全国均一価格での中古車の購入や安心サービスが受けられなかった地域までカーサービスを展開できるようになります。

開始予定は、2016年2月上旬頃から。

一部地域にて販売・買取サービスを開始予定とのこと。

カーサービスを享受しにくい地域には大きなメリットになると思います。

 

あたらしいサービスの背景にあるもの

ガリバーでは、独自の画像販売システム「ドルフィネット」で全国のガリバーグループ店舗で在庫している中古車の販売や、愛車の無料査定サービスを展開しています。

また、インターネットを利用した「中古車検索サービス」や「愛車無料査定サービス」を展開していますが、ガリバーの店舗がない地域では、顧客サービスの展開が難しいようです。

そこで、ガリバーは、郵便局の拠点を活用して買いたい車種などをヒアリングすることで、集客や顧客サービスの展開につなげ、お客さんにとっても近くの郵便局を通してユーザーの声をガリバーに届けることで、利便性のあるカーサービスを受けることができるわけです。

双方のメリットが合致するサービスだと思います。

 

カーサービスがより便利に!

ガリバーグループの店舗が遠くにあっても、インターネットがあれば「中古車検索サービス」や「愛車無料査定サービス」を利用することができます。

インターネット上から申し込みをしておけば、あとからガリバーのスタッフから電話で連絡があるので、都合の良いときに自宅などに来てもらえばよいのです。

そして、日本郵便の子会社との業務提携によりあたらしいサービスが始って、郵便局の拠点が利用されるようになれば、より良いサービスを受けられるようになり、お客さんにとっても利便性を享受できると思います。

「中古車検索サービス」や「愛車無料査定サービス」については、ガリバーの公式サイトでチェックしてみてください。
⇒『中古車検索サービス』はこちら
⇒『愛車無料査定サービス』はこちら

 

LINEで送る
Pocket