LINEで送る
Pocket

日本自動車販売協会連合会(自販連)では、新車販売台数のほかにも中古車登録台数の統計データを公開しています。

公開している中古車登録台数は、乗用車(普通)、乗用車(小型)、貨物車(普通)など、車種別、月別のデータです。

ここでは、自販連で公開している中古車登録台数から、中古乗用車の買いどきの月を考察してみます。

中古車販売イメージ

 

中古車(乗用車)月別登録台数

2013年度から2016年度までの月別中古車(乗用車)登録台数を見てみます。
※年度は 4月から翌年3月まで。

年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
4月 285,467 255,231 225,066 267,913
5月 277,548 246,626 246,805 250,603
6月 257,623 249,148 271,640 274,413
7月 285,533 264,842 278,869 265,435
8月 243,157 223,859 226,830 245,830
9月 256,483 260,123 249,347 269,702
10月 291,693 275,939 283,697 262,569
11月 268,342 231,059 246,051 259,177
12月 274,560 257,409 259,063 264,312
1月 253,449 230,370 221,903 230,235
2月 291,925 277,238 284,806 284,534
3月 474,025 433,325 434,427 448,361
合計 3,459,805 3,205,169 3,271,351 3,316,170

これをグラフ化すると、次のようになります。

中古車月別登録台数【乗用車(普通+小型)】
中古車月別登録台数【乗用車(普通+小型)】

登録台数が多くなる月としては、2月から3月にかけての2か月間、あと7月と10月が少し増加する傾向があるようです。

2月から3月は新生活シーズンによる需要が多くなる月で、7月は夏のボーナス、そして 10月は異動などが要因と思われます。

この傾向は、各年度共通しているようです。

参考までに、以下に普通乗用車(3ナンバー)と小型乗用車(5ナンバー、7ナンバー)の月別中古車(乗用車)登録台数のグラフを掲載します。

中古車月別登録台数【乗用車(普通)】
中古車月別登録台数【乗用車(普通)】

中古車月別登録台数【乗用車(小型)】
中古車月別登録台数【乗用車(小型)】

中古乗用車の登録台数が多くなる月は、車種に関係なく同じような傾向であることが分かります。

 

中古乗用車の登録台数が少ない月はねらい目かも

中古車登録台数が多くなる 2月から3月は新生活による需要が大きく伸びるシーズンで、中古車の流通量が多くなり中古車販売業界としても繁忙期にあたります。

中古車の価格相場は、「需要と供給」の関係が大きく起因します。

2月から3月は、需要・供給ともに大きく増加するので、値下げ率はそれほどではないと思いますが、供給量が多いけど需要が少ない、いわば在庫がダブつく月は、価格的にもねらい目になってきます。

もちろん、クルマの年式やボディカラー、装備など、気に入ったクルマが見つかるかは、そのときのタイミングです。

流通量が多いなか、需要が少なければ、価格も下がってくると思います。

そこが、中古車(乗用車)月別登録台数からみる買いどきの月といえるのではないでしょうか。

 

++++++++++

 

中古車を購入するなら、知識の豊富なスタッフがいる中古車販売店をおススメします。

とくに、中古車販売の大手ガリバーには「中古車ご提案サービス」という、希望のクルマを探してくれる便利なサービスがあります。

どれを選んでいいのか分からなくても、中古車ご提案サービスを利用することで、お買い得感のあるクルマや自分に合ったクルマを提案してもらえます。

あちこちの店舗を歩き回って中古車探しをしなくても、予約した日時に最寄りのガリバー店舗へ行って商談できるので時間の節約にもなります。

わたしも、娘のクルマをガリバーから購入するときには中古車ご提案サービスを利用しました。いろいろと相談に乗ってくれる満足度の高いサービスです。

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、申し込み後スグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えておくだけ。もちろん無料で利用できる、おススメのサービスです。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket