LINEで送る
Pocket

中古車を買うなら流通量が活発なときがねらい目です!

日本自動車販売協会連合会(自販連)が 10月12日に発表した 2017年度上半期(4~9月)の中古車登録台数は 1,860,044台。前年同期比で 3.4%のアップとなりました。この傾向は下半期も続くとか。

流通量が増えてきている今がクルマの買いどきかも?

ここでは、中古車を買うなら流通量が多いときがねらい目であるワケをメモしておきます。

中古車展示イメージ

 

希望のクルマを見つけやすい

中古車の流通量が多いということは、在庫が豊富で、同一車種でも様々な年式やグレードから選ぶことができます。

つまりは、豊富な在庫のなかから希望に沿ったクルマを探しやすくなるワケです。

また、複数のメーカーのなかから、ジャンルやグレードに絞って、比較してみることもできるのが中古車を購入するときの大きなアドバンテージでもあります。

流通量が多いと、メーカー間の比較検討の幅も格段に広がります。

 

価格交渉もしやすい

中古車販売店での在庫量が多くなると、販売店側としては、早く売りさばきたいもの。

在庫を抱えていると、在庫しているクルマを維持するための経費がかさんでくるからです。

販売店としても、人気のあるクルマを扱うようにしているものの、早く売りさばきたい心理が働くはずです。

つまりは、その「早く売りさばきたい」「入荷→販売の回転を早くした」という心理を突けば、価格交渉でも優位に働くのではないでしょうか。

 

効率の良いクルマ探し

クルマの購入を検討しているときは、あちこちの展示場を見て回るだけで、時間ばかりを浪費し、体力もかなり消耗してしまいます。

また、大手の中古車販売会社では、在庫しているクルマを WEB 公開しており、そのなかから希望に沿ったクルマを探すこともできますが、いかんせん、在庫量が多いとお目当てもクルマを探すのも大変です。

そこで、わたしが以前、娘用の中古車を購入するとき利用したサービスが、ガリバーの「中古車ご提案サービス」です。

希望のクルマの車種やボディカラー、年式、予算など、ガリバーのスタッフに伝えるだけで、あとは希望に沿ったクルマを探し出してくれます。

クルマのことに詳しくなくても、ガリバーのスタッフは丁寧に教えてくれるので、娘もだいぶ助かったようです。

ちなみに、わたしが中古車ご提案サービスを利用したときに伝えた希望は「四駆の軽自動車」ということだけでしたが・・・。

なお、中古車ご提案サービスを利用したときの体験談はこちらの記事にまとめています。参考にどうぞ。

⇒ガリバーで中古車購入!商談から購入までの流れをメモ【体験談】

 

++++++++++

 

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、無料で利用できます。

申し込み後(営業時間内であれば)スグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えればOKです。

クルマを選んでいる時間がなかったり、クルマに詳しくないユーザーも、チェックしておきたい便利なサービスです。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket