LINEで送る
Pocket

新型車が発売されると、そのクルマの旧型車に人気が集まり売れ筋なる傾向があります。

中古車のガリバーが公開している自動車ニュースから、モデルチェンジしたクルマの旧型が売れ筋になる仕組みのポイントをメモしておきます。

ガリバー 中古車展示即売会

 

モデルチェンジ → 旧型が売れ筋の仕組み

新型車が発売されると、そのクルマの中古車が売れ筋になる傾向があるのは、次の仕組みからです。

中古車市場の流通量が増える

これまで乗っていたクルマの新型車が発売されと、そのクルマのユーザーが新型車に乗り替えたり、同じクルマの新型に乗り替えなくても、新型が発売される前、買い取り価格が高いうちに手放すユーザーが多数存在します。

新型車の発売を機会に、そのクルマの旧型を手放すユーザーが多く存在する結果、そのクルマの旧型車が中古車市場に多く流通するようになります。

豊富な在庫から選べる

中古車市場に多くの旧型車が流通するようになると、中古車を購入する側としては、豊富な在庫から、自分の好みや予算にあったクルマを見つけやすくなります。

とくに、現行車のときに人気の高かったクルマは、中古車市場でも人気があります。

新車の時にくらべ、購入しやすい価格帯のクルマが多く流通しているのも人気の理由になります。

価格相場も関係する

中古車市場の価格相場は、「需要と供給」が基本です。

市場に多くのクルマが流通するようになれば、供給過剰になり、価格はそれに引っ張られるように下がってきます。

ただ、上述したように、現行車のときに人気の高かったクルマは、中古車市場でも人気があり、供給が多くても需要がそれ以上に多いときは、人気は高いものの価格の下落は見込めないのが一般的です。

プリウスやアクアなどは、その傾向が強いようです。

あと、ガリバーの自動車ニュースでは、在庫の流通量にはムラがあるとも言っています。

クルマの乗り替えで、一時期だけ流通量が増えても、中古車市場での人気が続き、そのクルマの需要が続いても供給が追いつかない(中古車市場にクルマが流通してこない)状況が続くと、買い時を逃すことにもなるとか。

 

豊富な在庫からお好みのクルマを探す

売れ筋で在庫量の豊富な中古車から、お好みのクルマを探すのは、意外と大変です。

ガリバーには、中古車ご提案サービスという、便利なサービスがあります。

希望のクルマや年式、予算などを伝えておけば、あとはガリバーのスタッフが全国のガリバー店舗から希望に沿ったクルマを探し出してくれるサービスです。

いきなり来店して、商談を待たされるよりは、ある程度の希望を伝えて日時を予約しておいたほうが、時間の節約にもなりますし、商談もスムーズに進められると思います。

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、希望のクルマを探してもらえる便利なサービスです。

申し込み後ガリバーから電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えておくだけ。クルマに詳しくなくても、シッカリとサポートしてもらえます。もちろん無料で利用できます。

わたしも、娘のクルマをガリバーから購入するときには中古車ご提案サービスを利用しました。

目当てのクルマの買い時を知りたいときや、その買い時を逃さないために利用してみるのもアリだと思いますよ。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket