LINEで送る
Pocket

我が家のオデッセイの売却相場価格の推移から、オデッセイの買いどきをチェックしてみました。

2017年の年明けとともに少しだけアップしましたが、3月になってからは、年明け前の価格に戻っています。

4月は、さらに価格が下落するかも?

 

売却相場価格の推移

売却相場価格の対象にしているのは、我が家のオデッセイ、スペックは「平成19(2007)年式 RB2 Type L」です。

売却相場価格は、Goo.net から 週に 1回 メールで送られてくる最新の買取相場価格から取得しています。

Goo.netのサイトでオンライン査定に申し込むと、1週間に1度 売却相場のお知らせメールが1年間届けられます。

定期的に送られてくるメールの買取相場価格から、価格の推移をグラフ化してみます。

我が家のオデッセイ 売却相場価格推移(2017年3月30日時点)

グラフの縦軸は売却価格を表しています。1目盛 5万円です。なお、2016年 3月中旬から同年 5月中旬までのデータは収集不可の期間です。

年式が古いこともあって、売却価格はずーっと下落傾向が続いていましたが、年明けとともに約2万円アップ!

ところが、3月に入ってからは年明け前の価格に戻ってしまいました。

 

4月以降の価格予想

売却相場価格の推移から、前年(2016年)4月以降は価格が下落、前々年(2015年)も4月は価格が下落しています。

2016年の4月以降、価格が下落しているのは、オデッセイ ハイブリッドへの乗り換えが進んだことにより、中古車市場へのオデッセイの流通量が増加。供給量が増えたことが要因と考えられます。

中古車市場は、新車の販売動向も影響します。

2017年の前半は、新車のオデッセイについての大きな動向はないため、傾向としては、2015年の傾向に近いと予想されます。

ということは、4月に入ると同時に価格が下がり、5月から6月にかけて価格はアップするかも?

2017年の前半にオデッセイ購入を検討しているなら、4月が買いどきかもしれません。

 

++++++++++

 

オデッセイの購入を検討している人には、知識の豊富なスタッフがいる中古車販売店をおススメします。

とくに、中古車販売の大手ガリバーには「中古車ご提案サービス」という、希望のクルマを探してくれる便利なサービスがあります。

年式やグレード、ボディのカラーなどの希望を伝えておくだけで、ガリバーのスタッフが希望に沿ったクルマを探し提案してくれるサービスです。

わたしも、娘のクルマをガリバーから購入するときには中古車ご提案サービスを利用しました。いろいろと相談に乗ってくれる満足度の高いサービスです。

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、申し込み後スグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えておくだけ。もちろん無料で利用できる、おススメのサービスです。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket