LINEで送る
Pocket

ガリバーのサイトで中古車検索すると、気になるのが「掲載終了まであとx日」と書いてある「掲載期限」です。ガリバーが掲載している「掲載期限」について調べてみました。

中古車販売のガリバー

 

ガリバーの販売システム

買い取ったクルマを保管しておくためには、それなりに広い敷地面積が必要です。
そして、保管しておく台数が多くなるほど、クルマの整備・手入れにも膨大なコストが発生してしまいます。

ガリバーでは、全国400店以上の店舗で買い取ったクルマに「販売期間」を設定しコストの増加を抑えています。

「販売期間」は2週間。その期間内に注文されなかったクルマは、自動的に中古車オークションに売却するシステム「期間限定販売」という仕組みを採用し、クルマの管理コストを削減しています。

 

コストを削減しユーザーに還元

ガリバーでは、中古車の管理コストを削減し、その分を、さまざまなサービスでユーザーに還元しています。

たとえば、最長10年のオプション保証や、納車後100日以内の返品受付サービスなど、ユーザーにとっては、クルマを安心して乗ることができる、とても利便性の高いサービスだと思います。

 

高回転率

ガリバーでは、全国に展開している400店以上の店舗を合わせると、毎日約400台ものクルマが入荷されてきます。

入荷されたクルマは、最大2,000項目にもおよぶ徹底的な検査を実施してから販売されるわけですが、「期間限定販売」のため、期間が過ぎたクルマは次々にオークションへ売却されていきます。

入荷から売却までの期間が決められていて、それが高い回転率でまわっているので、「高く売却、安く購入」することができるそうです!

 

掲載期限内にお目当てのクルマを探す

掲載期限があるとはいっても、お目当てのクルマをさがすときに、毎日、定期的にチェックすることは意外と大変ですよね。
そんなときは、ガリバーの「中古車ご提案サービス」を利用してみてはどうでしょう。

あらかじめ、希望のメーカーや車種、グレード、ボディカラーなどを事前に伝えておけば、検査実施中のクルマや、入荷予定のクルマなどから、要望に見合ったクルマを見つけてくれる便利なサービスです。

ハッキリと決まっていなくても利用できるのが「中古車ご提案サービス」の良いところでもあり、その際は、漠然とした内容でも、ガリバーのスタッフに相談する感覚で話をすれば、漠然とした要望にも応えてくると思います。

⇒ガリバー「中古車ご提案サービス」はコチラ

 

++++++++++

 

ガリバーのサイトの「掲載期限」の真実は、ガリバーの中古車販売の仕組みにあったわけです。

そして、ガリバーを利用するユーザーにとっては、「高く売却、安く購入」することができるキモになっているということなんです。

 

LINEで送る
Pocket