LINEで送る
Pocket

インターネットで加入できる自動車保険は、店舗を持たないためコストがかからず、代理店の自動車保険にくらべ、保険料をかなり安く抑えることができます。

もしものときの対応やサービスも、代理店型の自動車保険と同等です。

我が家では、通販型の自動車保険に切り替えてからもうすぐ1年が経過、更新の時期になりました。

引き続き通販型の自動車保険を継続しようと考えていますが、早めに更新手続きをすると「早期割引」してもらえる自動車保険会社もあります。

ここでは、我が家で加入している通販型自動車保険から、継続時のおトク度をメモしておきます。

なお、我が家で加入している自動車保険会社は、「セゾン自動車火災保険」と「アクサダイレクト」です。

自動車保険継続の資料

 

セゾン自動車火災保険

おとなの自動車保険で有名な保険会社です。

オデッセイ用の自動車保険として加入しています。

自動車保険料もリーズナブルで、もしものときの対応やサービスもあんしんの内容です。

とくに「ALSOK 事故現場安心サポート」は、もしものときに頼りになるサポートです。

事故発生時に、契約者が「事故・ロードアシスタンス受付デスク」へ電話すると、ALSOKへ出動要請がかかり、ALSOK隊員が 30分程度で事故現場に来てくれます。

事故現場での安全確保や緊急連絡、事故相手とのトラブル防止のほか、自動車保険会社への事故報告まで、昼夜問わず 24時間 365日対応してもらえます。

おとなの自動車保険は、パソコンやスマートフォンから、インターネットで加入すると 10,000円割引してもらえます。

そして、この 10,000円割引は、新規加入のほか、継続更新するときも適用してもらえます。

また、早めの契約の場合、さらに割引。

契約開始 30日前に契約すると 400円割引、50日前なら 600円の割引となります。

保険証券・約款「送付なし」を選ぶと、さらに 600円割引です。

合計すると 契約開始の 50日前なら・・・

ネット割引 10,000円
早割50    600円
証券不要割引 600円
───────────
合計    11,200円

新規でも継続でも適用できるのは魅力ですね。

 

アクサダイレクト

こちらもコマーシャル等で認知度の高い自動車保険会社です。

我が家では、娘のクルマで加入しています。

アクサダイレクトでは、事故発生時に契約者をサポートしてくれる無料のスマートフォンアプリ「アクサダイレクトナビ」を利用することができます。

アプリを使えば、アクサダイレクトへの電話も簡単にでき、電話と同時に位置情報や契約者情報の把握から、事故現場やクルマの事故状況の写真の送信もできます。

これにより、アクサダイレクトのサービススタッフに素早く事故現場に来てもらえます。

アクサダイレクトも、パソコンやスマートフォンから、インターネットで加入すると割引してもらえますが、こちらは最大 10,000円割引となっています。

一括払いのときは年間保険料が 55,000円以上のとき、分割払いのときは 59,400円以上で 10,000円割引が適用されます。

年間保険料が、その金額未満のときは段階的に割引額が減額される仕組みです。

あと、10,000円のネット割引は新規契約のみで、継続の場合、割引額は 1,000円になります。

この違い、大きいですね~!

ちなみに、なぜ、娘のクルマでアクサダイレクトに加入しているかというと、娘は 26才未満なので 26歳以上の割引が適用できない。年間の保険料も割高です。

そんななかで、いろいろな自動車保険会社を比較したところ、アクサダイレクトが、条件・価格面でいちばん良かったからです。

継続か、別会社へ切り替えか、悩みどころです。

 

++++++++++

 

ネットで加入できる自動車保険は、保険料の安さにくわえ、対応も充実しており、今後も利用したいと考えています。

ただ、娘のクルマの自動車保険は、どの保険会社にするかチョット悩みどころです。

今回も、インターネットの自動車保険一括見積サービスを利用して、見積もり比較をしてみます。

一括見積サービスは、複数の保険会社の見積もりを比較・検討できる、とても便利なサービスです。

契約前の比較検討しているときと、もうすぐ満期が来るときの受信メールはチョットうるさいけど・・・

 

わたしが実際に利用した自動車保険一括見積サービスです。

自動車保険見積もりのインズウェブ

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』

 

LINEで送る
Pocket