LINEで送る
Pocket

車を乗り換えるときにユーザーの多くは、「下取り」または「買取り」で愛車を売却しますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

愛車の売却を検討しているユーザーさんの参考のために、「下取り」と「買取り」のメリット、デメリットをメモしておきます。

「下取り」「買取り」のメリット・デメリットのイメージ

 

下取りのメリット・デメリット

下取りは、なんといっても手間が少なくて済みます。
次のクルマの購入が前提で、いま乗っているクルマを引き取ってもらうわけですから、ユーザー側からすれば、ひとりの担当者がすべて対応してくれるので、そのへんは非常にラクだと思います。

手間が少ない代わりに、下取り価格が安くなるデメリットの可能性もあります。

たとえば、主に新車を販売するディーラーに下取りするような場合、そのディーラーが持っている中古車販売ルートには、系列の中古車販売店がほとんどです。在庫リスクや売れ残りのリスクが高いために、下取り価格を安く査定されてしまうケースもあるんです。

また、下取りするメーカーや車種によっても、下取り価格にバラツキが出てしまうというデメリットもあります。たとえば、下取りするメーカーが異なる場合や、ジャンルが違っている場合などは、下取り価格が安く査定される可能性がありますね。

 

買取りのメリット・デメリット

中古車の買取価格は、人気のある車種やシーズン、地域ごとの需要にかなり左右されるんです。
たとえば、4WD車を例にすると、雪の降る地域では高く査定してもらえますが、雪の降らない地域では需要が少ないためにそれほどの査定はつかないと思います。

そういった需要や流行をキャッチし、中古車マーケットに展開できるのが株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)株式会社ビッグモーターなどの中古車買取会社です。人気の高いクルマは、需要もあるので下取りよりも査定が高くなることも多いですし、標準装備以外の後付けした装備品なども評価してもらえるケースも多いです。

買取りには、こうしたメリットがある一方で、中古車買取会社から「スグに買い取らせてもらえるなら」といった条件付きでの買取価格で「クルマなし」の期間が出てくる可能性もあります。

あと、クルマを乗り換えるときには、買い取りのときの手続きと次のクルマの購入手続きが別の会社になる場合などは、手続きする上での書類作成の手間が増えるケースも出てきます。

 

下取りと買取りのメリット・デメリットのまとめ

下取りと買取りのメリット・デメリットをまとめると、つぎのようになります。

メリット デメリット
下取り ・ひとりの担当者が対応してくれるので手間が少ない。 ・販売ルートが限られて在庫リスクや売れ残りのリスクが高いため、下取り価格を安く査定されてしまうケースもある。
・得意な車種、不得意な車種で、下取り価格にバラツキが出て、下取り価格が安くなる可能性もある。
買取り ・需要や流行をキャッチし中古車マーケットに展開できるので、人気の高いクルマは下取りよりも査定が高くなることが多い。
・後付けした装備品などの社外品についても評価してもらえるケースも多い。
・即買取で「クルマなし」の期間が出てくる可能性がある。
・手続きする上での書類作成の手間が増えるケースがある。

 

++++++++++

 

中古車買取会社では、インターネットを使った買取査定申し込みができる会社も増えてきました。ほとんどの会社が、無料で見積もりしてくれます。

下取りに出す前に買取査定をしてもらったほうが、買取り相場が分かりますし、もしかしたら下取りに出すより高値で買い取ってもらえるかもしれないので、まずは買取り査定がおススメです。

買取実績No.1ガリバー査定【無料】

 

LINEで送る
Pocket