LINEで送る
Pocket

中古車のガリバーでは、『決算買取キャンペーン』を 2017年2月1日(水)~2017年2月28日(火) まで開催!

このキャンペーンでは「最高値にチャレンジ」とか、「買い取り価格に自信あり」などのキャッチコピーがついています。

クルマの売却を検討しているなら、一度、ガリバーに査定してもらっても良いかも?

ここでは、決算買取キャンペーンのポイントをメモしておきます。

ガリバーの愛車無料査定

 

『決算買取キャンペーン』のポイント

決算買取キャンペーンでのポイントは・・・

査定額が他社に負けたら・・・

キャンペーン期間中、ガリバーにクルマを査定してもらい、買取提示価格が他社での売却価格よりも低かった場合には、1,000円分の電子ギフト(EJOICAセレクトギフトplus)がもらえます。

ちなみに、この「EJOICAセレクトギフトplus」という電子ギフト、NTTカードソリューションが提供するサービスで、nanaco や WAONポイント、楽天Edy など、提携先の電子マネーにチャージしたり、プリペイドカードとして再送してもらえるサービスです。

適用条件もあるよ

このキャンペーンには、いろいろな適用条件がありますが、いちばん厳しいと思われる条件が・・・

お客様が査定されたガリバー店舗と同一都道府県内に立地する他法人と、ガリバーでの同一車両に対する初回査定日から、1週間以内に(他社で)締結された売買契約書により売却金額が確認できること。

この条件って、まず他社で売買契約を締結してからじゃないとダメってことですよね。

クルマの売買に関しては、一般的には、原則として消費者からの一方的なキャンセルはできず、特約で一定のキャンセル料の支払などの条件が定められていれば、その方法でのみ契約解除できることになりるそうです。

ということは、仮にガリバーの査定額が高かった場合、電子ギフトをもらえないばかりか、査定額の低かった(すでに売買契約した)他社へ売却することになります。

キャンセルが可能であれば、キャンセル料の支払額と査定額の差額を比較して考え直すこともできそうですが、いろいろと面倒かも。

 

高値買取を目指すなら

決算買取キャンペーンの適用条件はチョット厳しそうなので、1,000円分の電子ギフトより、最初から愛車を高値で買い取ってもらえる業者を見つけた方がよさそうです。

高値で買い取ってもらえる業者を効率よく探すには、次のような方法が良いと思います。あくまで私的な考え方なので、参考としてください。

ガリバーで査定額の基準値を決める

ガリバーは主要なクルマ買取専門店 7社のなかでも買取実績No.1の専門店です。
※2001年~2014年主要買取専門店7社における中古車買取台数。
 (矢野経済研究所調べ、2015年5月現在)

そこで、まずガリバーから、愛車の査定をしてもらい、その査定額を基準値とします。

愛車無料査定サービス

一括査定サービスを利用する

つぎは一括査定サービスを利用して、複数社から見積もりを入手します。

ただ、一括査定サービスも、数多くあるので、どれを利用して良いのか判断が難しいところです。

また、一括査定サービスは、複数のクルマ買取専門店に一括で査定を依頼するサービスなので、複数のクルマ買取専門店と、査定額についてやり取りする必要がでてきます。

査定額が安かった買取専門店に対しては断る手間が発生しますし、クルマの情報や個人情報も断った買取専門店に残る可能性もあります。

そこで、複数の買取専門店とのやり取りがわずらわしかったり、個人情報の漏えいが心配というユーザーさんには、「査定バンク」という個人情報保護型のクルマ査定サービスの利用が良いと考えています。

個人情報保護型の査定サービスは、査定依頼されるユーザーさんの個人情報を保護し、買取店に個人情報を知らせることなく、複数の買取店から査定額を提示してもらえるサービスです。

気に入った買取店が見つからなかったときに断る場合でも、査定バンクに対してだけなので、わずらわしさはないと思います。

個人情報保護型クルマ査定サービス『査定バンク』

 

++++++++++

 

『決算買取キャンペーン』ポイントをメモしていましたが・・・。

結局のところ、愛車の売却を検討しているなら、決算買取キャンペーンで 1,000円分の電子ギフトをあてにするよりは、高値で買い取ってもらえる業者を効率よく探したほうがよさそうです。

 

LINEで送る
Pocket