LINEで送る
Pocket

第44回東京モーターショー2015 ホンダ・ブース ダイジェストレポートです。

10月29日(木)のプレビューデーに行ってきたのですが、プレビューデーの公開時間は6時間。全てのブースを見てまわることは残念ながらできず。写真と動画の撮影で、あっという間に、閉場の時間になってしまいました。

今回は、管理人NORIBOが撮影したホンダ・ブースの展示車の写真から、その一部をダイジェストで紹介します。

東京モーターショー入場ゲート

≪関連記事≫
東京モーターショー2015『オデッセイ・ハイブリッド』展示車レポート
東京モーターショー2015 ホンダ FCV 燃料電池車『CLARITY FUEL CELL』展示車レポート

 

ホンダは最大の展示スペース

ホンダ・オデッセイを愛車に持つユーザーとしては、いちばん興味のあるブースです。

展示スペースも、展示メーカーのなかではいちばんの広さでした。

ホンダ・ブース

オデッセイ・ハイブリッド

2015年度中の発売予定の「オデッセイ・ハイブリッド」。

オデッセイ・ハイブリッド #1

ブース内の紹介でも「2016年春」とハッキリ言っていました!

大方の予想通り、発売は 2016年3月になりそうです。

室内空間は、これまでと同じように広々としています。

オデッセイ・ハイブリッド #2

オデッセイ・ハイブリッド #3

CIVIC TYPE R

走り好きのユーザーにはたまらないクルマです。

とにかくカッコイイの一言!

CIVIC TYPE R #1

CIVIC TYPE R #2

CLARITY FUEL CELL

東京モーターショー2015が開催されるまでは「FCV(仮称)」でエントリーされていたホンダの燃料電池車。

10月28日のプレスデーに正式名称「CLARITY FUEL CELL」と発表されました。

コチラの発売予定も2015年度中なので、もしかしたらオデッセイ・ハイブリッドと同じ時期かも?

CLARITY FUEL CELL #1

CLARITY FUEL CELL #2

NSX

新型NSXも徹底してボディーを軽量化。そこに新開発の縦置き直噴 V型 6気筒ツインターボエンジンをミッドシップに配置しています。

ホンダのキャッチコピーでは「新時代のスーパースポーツを」。まさにその通りだと思います。

それにしてもカッコイイ!

NSX #1

NSX #2

McLaren Honda MP4-30

2015 FIAフォーミュラ・ワン世界選手権に参戦中のマシン。
かつてのマクラーレン・ホンダのような戦績は残していませんが、まだまだパワーを秘めている、今後に期待したいマシンです。

McLaren Honda MP4-30 #1

McLaren Honda MP4-30 #2

Honda WANDER STAND CONCEPT

縦横自由に移動できる次世代のモビリティカーです。
デモを見ることはできませんでしたが、大人二人が並んで乗ることができる空間を確保しています。

観光地などでのちょっとした移動にはちょうど良いサイズかも?

Honda WANDER STAND CONCEPT

EV-Cub Concept / Super Cub Concept

往年の原チャリ「スーパーカブ」のEVモデルと、低燃費エンジン採用モデルです。

どちらもスーパーカブのスタイルを継承しつつ、進化した次世代モデルです。

EV-Cub Concept

Super Cub Concept

 

トミカコーナーは開場直後に行くべし

恒例の東京モーターショー開催記念モデルの「トミカ」12車種、1万人限定のプレビューデーでも大行列でした。

管理人NORIBOは 17時30分頃にトミカブースに行ったのですが、50分待ちの大行列!
しかも、並んでいるあいだにも売れ切れの可能性ありのアナウンスも!

スタッフによると、いちばん長い待ち時間は、最大で60分だったとか。

記念モデルのトミカを購入するなら、開場したらスグに買いに行くことをおススメします。

東京モーターショー開催記念モデル

 

++++++++++

 

時間配分ができなかった今回の東京モーターショーでした(汗)

でも、それなりに楽しめた1日でした。

次回開催のときには、もっと入念に情報チェックや時間配分をして、もっとモーターショーを楽しみたいですね。

 

LINEで送る
Pocket