LINEで送る
Pocket

我が家のオデッセイの売却相場価格の推移をチェックしてみました。

年式が古いこともあって、売却価格は下落傾向が続いています。

近い年式のオデッセイの売却を検討している人で、少しでも高値で売却したい人は急いだほうが良いかもしれません。

逆に、中古車のオデッセイを購入するなら、いまが買い時かも!

ここでは、我が家のオデッセイの売却相場価格推移の検証内容をメモしておきます。

我が家のオデッセイ

 

売却相場価格の推移

売却相場価格は、我が家のオデッセイ「平成19(2007)年式 RB2 Type L」のスペックをもとに価格推移を収集しています。

価格データは、Goo.netから 1週間に1度届けられる売却相場のお知らせメールから取得しています。

ちなみに、売却相場価格を取得するには、Goo.netのサイトでオンライン査定に申し込むだけで OK です。

オンライン査定申し込み後、1週間に1度 売却相場のお知らせメールが1年間届けられます。

我が家のオデッセイの売却相場価格の推移データを取り始めたのは昨年(2015年)の3月上旬から。我が家のオデッセイを手放すつもりはありませんが、どのくらい価値があるのかを知りたくて、オンライン査定をしてみたことがデータ収集のきっかけです。

その売却相場のお知らせメールを集計したのが下記のグラフです。

我が家のオデッセイ 売却相場価格推移(2016年12月15日時点)

グラフの縦軸は売却価格を表しています。1目盛 5万円です。

また、2016年 3月中旬で売却相場のお知らせメールはいったん終了し、その後 5月中旬に再査定を申し込んだことで、3月中旬から5月中旬までの 2か月間はデータを収集できませんでしたが、おそらくはグラフのデータに近い査定額だったと思われます。

 

売却相場価格の推移から推察

我が家のオデッセイ、年式がだいぶ古くなっていることもあって、売却相場価格はこのまま下落傾向が続くのは一目瞭然です。

ということは、オデッセイを少しでも高値で売却するなら早いほうが良いということになります。

また、オデッセイを中古で購入するなら、もう少し待ってからとなりますが・・・

ただ下落の幅は、少しずつ小幅になってきているので、少し待っても価格的にはあまり安くはならないと思います。

だとしたら、いまが買い時だということになります。まあ「欲しいときが買い時」ですしね。

1年待てば10万円近く下落するとは思いますが、そこまで待てないなら、買い時は今ではないでしょうか?

オデッセイを購入を検討しているなら、いまのうちから、チェックしておいたほうが良いかもしれません。

中古車販売の大手ガリバーには「中古車ご提案サービス」という、希望のクルマを探してくれる便利なサービスがあります。

「お買い得感のあるクルマ」も希望にくわえて探してもらうのも良いかもしれません。

わたしも、娘のクルマをガリバーから購入するときには中古車ご提案サービスを利用しました。いろいろと相談に乗ってくれる満足度の高いサービスです。

中古車ご提案サービスは、インターネットから申し込みが可能で、申し込み後スグに電話がかかってくるので、そのときに希望のクルマを伝えておくだけ。もちろん無料で利用できる、おススメのサービスです。

 

⇒ ガリバー 中古車ご提案サービス

 

LINEで送る
Pocket