LINEで送る
Pocket

カーシェアリングの『カレコ・カーシェアリングクラブ』には、突然の故障、事故、盗難などのトラブルのときでも安心の保険や補償制度が用意されています。

『カレコ・カーシェアリングクラブ』は自動車保険料の高いといわれる 20代前半の若いユーザーにも利用しやすいサービスです。

カレコ・カーシェアリングクラブ

 

自動車保険の保険料割引制度

自動車保険には、いくつかの保険料割引制度がありますが、割引率が高いのが等級による割引と年齢割引です。

等級は通常1~20等級に分かれており、等級による割引は、無事故期間が長いユーザーほど、等級が上がり、割引率も高くなる。つまり支払う保険料も安くなります。

また、年齢割引は「年齢条件」として、補償する運転者の年齢により割引率が大きく変わってきます。

年齢条件は、大きく「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」の3つに分けられ、補償する運転者の年齢が若いほど割引率が低く保険料が高くなります。

年齢条件は年齢が高くなるほど保険料が安くなっていく割引制度なので、若いユーザーがクルマ所有を検討するときには、保険料の高さが意外と高いハードルになってしまうのが現実です。

 

若者にやさしい自動車保険も出てきたけど・・・

若い人ほど自動車保険の保険料が高いことが、若者のクルマ離れにつながる要因の一つと言われています。

これを受け、大手損害保険会社は 2015年秋から若者ドライバー向けに新しい自動車保険を追加しました。

若い世代がはじめてクルマを所有し、はじめて自動車保険に加入する場合の保険料を通常より割り引いたり、20代前半のユーザーがゴールド免許(優良免許証)の場合、保険料の割引率をアップしたりなど。

ただ、支払う保険料が通常より安くなるとはいえ、割引率は 10%くらいなので、お高い保険料のイメージに変わりはないような気がします。

 

若者も利用しやすいカレコ

若いユーザーが、ときどきクルマを使うならカーシェアリングのほうが経済的かもしれません。

『カレコ・カーシェアリングクラブ』には、突然の故障、事故、盗難などのトラブルのときでも安心の保険や補償制度が用意されているからです。

専任スタッフによる24時間サポートダイヤルも用意しているので、もしものときは電話対応してもらえます。

ちなみに、『カレコ・カーシェアリングクラブ』の保険・保障制度の内容は次のようになっています。

対人 1名限度額 無制限
対物 1事故限度額 無制限(免責0万円)
車両 1事故限度額 時価額(免責0万円)
人身傷害 1名につき上限6000万円(無保険車障害2億円)

ただし、酒気帯び、酒酔い、無謀運転など、ユーザーの利用状況によっては、補償が適用されない場合もあるので、詳細は車内に置いてある「ご利用方法&マナーBOOK」をチェックしてください。

あと、営業補償として、利用中の事故などで車両に損害を与えたときには、損害の程度や修理期間に関係なく、次の営業補償金が請求されます。

・返却予定の車両ステーションに自走にて返却した場合:20,000円
・返却予定の車両ステーションに自走にて返却できなかった場合:50,000円

利用するときには、ゆとりのある計画で安全運転を心がけるようにしましょう。

 

++++++++++

 

若いユーザーがクルマ所有を検討するとき、保険料の高さが意外と高いハードルになってしまうのが現実です。
自動車保険は基本的に毎年支払う必要があるため、大きな負担と感じてしまいます。

若いユーザーが、ときどきクルマを使うならカーシェアリングのほうが経済的かもしれません。

『カレコ・カーシェアリングクラブ』は、トラブルのときでも安心の保険や補償制度があり、専任スタッフによる24時間サポートダイヤルも用意されているので、若いユーザーが気軽に使える便利なサービスといえます。

詳細は、カレコ・カーシェアリングクラブ公式サイトをチェックしてみてください。

 

⇒ 『カレコ・カーシェアリングクラブ公式サイト』 詳細はこちら

 

LINEで送る
Pocket